前へ
次へ

日本の英語教育の改善ポイント

日本の英語力は、先進国の中でも最低レベルにあり、長年日本人は英語が苦手であるとされてきました。その主たる原因であると考えられてきたのが、英語教育のあり方です。従来の教育方針では、英語は中学生からスタートします。この中学生からの英語教育はおそすぎるのではないかとの指摘を受け、政府は小学生から英語を学ぶという抜本的な教育改革に打ち出したのです。しかし、問題として指摘したいのが、小学生に対して英語指導を行うことができる教諭がどれほどいるかということです。日本の大学を出た小学校の教諭は、ほとんど英語を話すことができない人ばかりです。そのような状況の中で英語の指導を行い、果たして小学生の英語をどれほど伸ばすことができるのか、という疑問が湧いてきます。実際問題として、指導を行う人材が不足していることが指摘されています。そのため、やはり中学校の英語教諭の質を上げることのほうが、英語力を伸ばすことにつながると考えます。

Page Top