前へ
次へ

生きて行くために必要な教育とは何か

昔とは違い、今、学校で行われている教育に関してはさまざまな意見が出ています。特に小学校や中学校では学問以外の教育が必要なのではないかという意見が多いです。それは何かと言えば、実社会で生きて行くために必要とされる知識ということになるのではないでしょうか。確かに学問は必要です。基礎的な学問がなければ社会で生きて行くことも難しくなります。しかし、生きて行くために必要な術というものは学問だけではありません。それではこの生きて行くために必要な術とはいったい何なのでしょうか。これは言ってしまえば現代社会で生活する上で必要になるものということです。たとえば犯罪を抑止する知識と行動、あるいは災害時に必要な対処法などでしょう。これらは社会人に求められるものです。でも、実際にはこうした教育は学校では行われていないケースが多く見受けられます。単純に道徳の時間を充実させるだけでは十分ではありません。少子化の波が押し寄せている今、こうした教育が各学校で実現されることが理想だと言えるでしょう。

Page Top